真剣に結婚を考えている方を全力でサポートします

紅茶8つの効能

300年以上前、紅茶は貴重な「薬」として重宝されていた

こんにちは。
前回のコーヒーに続き、紅茶の効能についてお伝えします。雑学として是非知っておいてください。
300年以上前、いち早く紅茶の効能に注目したキャロウェイ社は20項目挙げています。
主なものとして、
1,頭痛、めまいの解消
2.体の強壮
3.整腸効果
4.肥満の防止
5.視力の改善
6.風邪の予防
7.記憶力の改善
8.泌尿器の洗浄(腎臓結石)
9.虫歯予防 etc
現代でも十分に通用しますね。

さて、現在では科学的根拠に基づき次の8つの効能があるといわれています。
1.胃腸を整える
  紅茶に含まれるタンニン・カフェイが庁の炎症を抑えます。
2.コレステロールや血圧を下げる
  カテキンにはコレステロール濃度を下げ、タンニンは血圧を下げる効果があります。
3.水虫退治
  紅茶には殺菌作用があり、カビの一種である水虫の発育を抑えます。紅茶で患部を拭いたりします。
4.糖尿病
  タンニンが血糖値の上昇を抑えます。
5.食中毒の防止
  殺菌効果により大腸菌の繁殖を抑えます。
6.ガン
  カテキンがガン細胞の分裂を抑える働きがあります。
7.肥満の防止
  タンニンが死亡のエネルギー代謝を活発にします。
8.老化防止
  タンニンに老化防止の働きがあることが確認されました。

皆さんも、気軽に紅茶を楽しんで健康で長生きしてくださいね。

2020/11/18